ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

まさに次世代の乗り物!「CHIC-Smart(チックスマート)C1」のスペックや注意点を紹介。

f:id:kobutorisinsi:20170416191119j:plain

どーも!小太りです。

突然ですが、最近「ミニセグェイ」が人気になっているのをご存知ですか?

ミニセグウェイとは、ハンドルのない小型のセグウェイのことですね。

テレビで紹介されたり、イベントに出展したりとブームになっています。

 

ミニセグウェイは種類が多く、中には劣悪な模造品もあります。

しかも、模造品はパッと見では区別ができず、間違って購入するユーザーもいるぐらい。

 

そこで、今回は安心して遊ぶことができるミニセグェイを紹介します。

その名も、チックスマート!

チックスマートは独自の特許を取得しており、高い安全性を持っています。

では、チックスマートのスペックや注意点を紹介していきます。

 

チックスマートの公式販売サイトはこちら

 

チックスマートとは?

f:id:kobutorisinsi:20170416191135j:plain

チックスマートとは、中国のCHIC社が製造しているミニセグウェイです。

ハンドルのない小型のセグウェイで、重心移動だけの簡単な操作が魅力ですね。

チックスマートは独自の特許を取得しており、チック社でしか製造できない構造をしています。

 

▼チックスマートのイメージ動画です。(走行シーンは35秒〜)

 

チックスマートの基本スペックについて

f:id:kobutorisinsi:20170416191216j:plain

では、チックスマートの基本的にスペックについて説明します。

主なスペックは下記の通りです。

  • 重量:10kg
  • 最高時速:10km
  • 荷重:20〜100kg
  • 走行可能距離:15〜20km
  • 走行可能傾斜:15度
  • サイズ:横58cm×縦18cm
  • 電池:充電式(リチウム電池)
  • 色:ブルー・レッド・ブラック・ホワイト

チックマートは最高時速10kmまで出ます。

これは軽いジョギンぐらいの速さで、一般的なミニセグェイと同じ程度です。

「ジョギング程度って遅くない?」と思った人は、安心してください。

ぼくはミニセグウェイで遊んだことがありますが、時速10kmを体感すると、結構速いです。

また、満タンまで充電すれば、最大距離20kmの走行が可能です。

基本的な性能は他のミニセグウェイと、あまり変わりません。

 

 

▼チックスマートのスペック紹介動画

 

チックスマートのおすすめポイント

f:id:kobutorisinsi:20170416191150j:plain

チックスマートをオススメするポイントを4つ紹介します。

 

独自の特許を取得している

上記でも何度か説明していますが、チックスマートは独自の特許を取得しています。

特許の内容は、「チックスマートの構造全体」に関してのものです。

具体的なものだと、傾きを感知するジャイロセンサーなど。

粗悪な類似品が多い中、チックスマートは特許を取得しており、安心できるミニセグウェイだといえるでしょう。

 

PSEマークの取得で安全性抜群

チックスマートは「PSEマーク」を取得しています。

PSEマークは安全性を保証するマークです。

取得するためには、厳しい審査に通過する必要があります。

なのでチックスマートは、高い安全性を持っているということが分かります。

「ミニセグウェイって危なそう」と心配している人も、安心して遊ぶことができますね。

 

防水加工で水に強い

チックスマートは、IP34規格の防水機能を持っています。

「IP34って何?」という人もいるでしょう。

IPとは「防水の基準」を表すもので、数字によって防水の範囲が決まります。

IP34規格だと、水飛沫ぐらいなら防ぐことができます。

なので、小雨程度であれば、屋外でも使用可能なんですよ!

 

「外で遊んでいて、急に雨が降ってきた」という場合でも、そこまで強い雨でなければ問題ありません。

外で使用するものだから、防水機能があると嬉しいですよね。

 

つや消しのマット加工

チックスマートは、表面がマット加工されています。

マット加工すると、ツヤのない装飾になり、汚れが目立ちにくくなります。

他のミニセグェイに比べて、汚れに強い仕様なんですね。

外で遊んでいると、傷や汚れがどうしてもつくので、マット加工だと安心!

 

コピー品に要注意!

f:id:kobutorisinsi:20170416191629j:plain

非常に残念なことですが、チックマートはコピー品が出回っています。

 

チックマート自体はいい製品ですが、コピー品は品質が悪いケースがあります。

さらに、完全に模倣して作った「スーパーコピー品」というものもあるんですよ。

これが非常に悪質で、素人ではなかなか見分けが付きません。

見分ける方法は、タイヤの部分にチック社のロゴが入っているかどうかです。

実物を手にとって判断できればいいですが、ネット上で購入すると、そうもいきません。

しかも、中国のネット市場では4割がコピー品で、ユーザーが間違ってコピー品を購入するケースもあるようです。

「安いから」といって、コピー品に手を出すのはやめましょう。

 

正規販売店から購入しよう

コピー品を間違って購入しないためには、正規販売店での購入がオススメです。

正規販売店であれば、信頼があり、コピー品をつかまされることもありません。

 

日本でチックスマートを取り扱いしている正規販売店は1つです。

また、正規販売店で購入すれば、2年間の保証が付きます。

これはいいメリットですね。

チックスマートは屋外で使用するものなので、保証がきくと、安心して遊ぶことができます。

 

また、修理するときの本体郵送費用は無料です。

ミニセグウェイを持っている友人が「修理代よりも、送料が高い」といっていました。

チックスマートは本体が10kgあるので、送料もそれなりにかかるようです。

正規販売店なら送料が無料なので、保証がきけば実質無料で修理することができます!

ただし、下記の正規販売店以外から購入すると、保証がつかないので注意しましょう。

 

チックスマートの正規販売店サイトはこちら

 

2017年2月に価格を10,000円値下げしている

実はチックスマートは2017年2月に値下げされています。

これは嬉しいですね!笑

以前の価格は60,000円でしたが、今は49,800円です。

つまり10,000円近く安くなっているということですね。

 

「ミニセグェイに49,800円は高い」という人もいるかもしれません。

ミニセグウェイに馴染みのない人は、特にそう思うでしょう。

 

例えば、同じ電動の乗り物である「電動自転車」はいくらぐらいか知っていますか?

相場は10万円以上です。けっこうしますよね。

しかし、チックスマートは半額以下です。

チックスマートが比較的安い部類に入っていることが分かりますね。

 

 まとめ

今回はチックスマートについて紹介しました。

チックスマートの魅力は、「独自の特許を取得している」という安全性信頼性の高さです。

ミニセグェイはブームが来ており、商品がたくさん販売されています。

しかし、安さだけを追求した粗悪品やコピー品があるのも現状です。

そんな中、チックマートは高い品質を保っています。

購入する場合は、正規販売店の利用をオススメしまう。

正規販売店で購入すれば、「コピー品を購入してしまう」というリスクがありません。

さらに、2年間の長期保証がついているので、購入後も安心して遊ぶことができますね。

 

 チックスマートの正規販売店サイトはこちら