ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

元営業マンが解説!ビジネスバックの選び方とオススメブランド紹介!

どーも!元営業マンの小太りです。

 

ぼくは会社員時代にスーツを着て、外回り営業をしていました。

そこで気を使っていたのがビジネスバックです!どんなものを使っているのか意外と見られてるんですよ。

他社の営業マンも沢山見てきたので、色んな種類のバックを目にしてきました。

「種類が多すぎてどれを選べばいいの分からない」

「どれを使えば印象がいいのか」

など色んな悩みがあると思います。

 

そんな悩みにお答えすべく、今回はビジネスバックの種類・材質の違い・選び方・オススメブランドを紹介!

 

 

ビジネスバッグとは

プライベートで使用するバッグとは違います。あくまでビジネスシーンで使用するので、仕事道具の一つして捉えましょう。

下記の2つが求められます。

  • ビジネスマナーに違反していないこと
  •  仕事道具が全て入ること

最低限のビジネスマナーを守る必要があります。

例えば、汚れたカバンを使っている人は、それだけで仕事ができないと判断されている可能性だってある。

自分の使っているカバンの状態を把握していないようでは、仕事も把握できないのでは?と疑問に思ってしまいます。

また、仕事道具が全て収まる容量を選びましょう。職業によって仕事道具の量は変わるので、自分にあったものを購入したいですね。

できれば、容量に余裕があるといいです。予想外のものを持ち運びする時にキャパがあると安心できます。

ぼくは容量に余裕のあるビジネスバッグを使っていました。営業だったので、お客様にお土産・記念品を持って行く機会があり、そういう時にキャパがあるバッグは活躍します。

 

ビジネスバッグの選び方

ビジネスバッグの役割がわかったところで、次は選び方です。

3つのポイントを紹介するので、これを基準に選びましょう。

 

①何を入れるのか

バッグに入れる仕事道具を整理しましょう。何を入れるかによって選ぶカバンの種類・容量が変わってきます。

例えば、デスクワークで持ち運びする仕事道具が少ない方には容量のあるカバンは必要りません。反対に、特殊な機材を持ち運びする方はある程度の容量が必要ですね。

ぼくは外回りの営業で、書類を少し持ち歩くぐらいだったのでそこまで大きなカバンは必要ありませんでした。

カバンを買い換えを検討している方は、仕事道具の点検の機会になるのでいいですね。カバンに入れっぱなしで使わない道具があると効率落ちますので。

 

②どういう場所で使うのか

屋外使用が多いのか、会社に置きっ放しなのか、自分が使う場所を考えましょう。

例えば、屋外で使用することが多い人なら撥水加工されたカバンがオススメです。逆に会社に置きっ放しであれば、素材にはこだわらず出退勤の際に邪魔にならないサイズのものを選びましょう。

ぼくは屋外使用が多かったので、タフな素材のカバンを使っていました。水拭きできる素材だったので、汚れても自分で拭いて綺麗にしていました。

 

③どんな服装で仕事をするのか

自分の服装にあったバッグを選択しましょう。スーツを着ている人がカジュアル過ぎるカバンを使っていたら、それだけでイメージダウンしてしまいます。

また、スーツを着る人も普段何色のスーツを着るのか確認しましょう。ダーク系が多い人はカバンも黒・焦げ茶など色味を合わせた方がいいでしょう。

ぼくは青・グレーなどの明るい色が多かったので、ネイビーのバッグを使用していました。他の営業マンにカバンを褒めらたこともしばしば!

服装自由の仕事であれば、選択肢がグッと広がります。そういう方は色味・デザインよりも機能性を重視してもいいでしょう。

 

素材について

ビジネスバッグそのものについて学んでいきます。

素材についての知識を持たずに使っている人も多いですが、正しい知識を持って自分にあったバッグを選びたいですね。

 

①皮

ここでは本革を指します。本格的な色味や経年変化を楽しむことができる大人向けの素材。

皮は水や汚れに弱いのでこまめな手入れやケアの必要があります。ケアをしているとカバン自体に愛着がわき、大事に使うようになるといういい面も持ちわせている。

良い皮のビジネスバッグを買い、綺麗に手入れして使用するというのがカッコイイですね!

 

②ナイロン

軽量で水や汚れに強い素材です。ナイロンが使われているバッグは沢山あり、ビジネスマンの需要を感じさせます。

他の素材に比べて、高級感こそ劣りますが機能性を追求する人はナイロンがオススメ。

ぼくが屋外使用が多かったので、タフなナイロン素材のカバンを使っていました。探せば落ち着いた色味のナイロンもあるため、スーツにもバッチリ合います。

 

③フェイクレザー(合皮)

皮の風合いを持ちながら、安価で購入できる素材です。色の種類が豊富なので、好みの色を探すことができます。

また、本革ほどの重量もないので手軽に持ち運びが可能。

ただ、合皮が数年使用するとボロボロになるので、本革のような経年変化は楽しめません。

 

種類について

ビジネスバッグは主に3つの種類があります。それぞれの特性を知った上で、自分にあったバッグを選びましょう。

 

①ブリーフケース

 

ビジネスバッグの定番で、多くのビジネスマンが使っています。四角い形をしているため、書類を持ち運びするには最適で、端っこが折れ曲がったりすることもありません。

また持ち手が短いのが特徴で、中身が重たい時は手が痛くなるので要注意です。

ぼくはこのタイプのカバンを使っていましたが、書類等を持ち運びするにはとてもいいカバンでした。

ずっと手で持つので、持つのに疲れることもしばしば。片手がふさがるので両手を自由に使いたい人は他のカバンがオススメです。

 

②トートバック

最近流行っているタイプです。ブリーケースと形は似ていますが、トートバックは持ち手が長く、肩にかけて持ち運びできるのが特徴。

デザインがオシャレなものが多く、ファッションに敏感なビジネスマンはトートバッグを持っているケースが多いです。実際にぼくの仕事場でも、オシャレな人は好んでトートバッグを使っていました。

ブリーフケースよりもサイズが大きく、容量も多いです。機能性・デザインを両立したバッグですね。

たまに、チャックが付いていないタイプもあるので中身を見られたくない方はチャック有りを購入しましょう。

 

③3Way

手持ち・肩掛け・リュックと3通りの使い方ができるのが特徴です。3Wayはポケットが豊富だったり、容量が大きかったりと機能性が高くとても人気の種類。

状況に合わせて使い方を変えることができるので、例えば自転車に乗っている時はリュックとして、電車に乗っている時は手持ちカバンとして使えることが可能です。

たくさんの機能を搭載しているので、少し野暮ったいデザインになってしまいます。

特に自転車通勤しているビジネスマンにはオススメ!

 

小太りのおすすめのビジネスバッグを2つ紹介!

ここからはおすすめブランド・バッグを紹介していきます。

 

①PORTER(ポーター)

f:id:kobutorisinsi:20170422151438j:plain

価格 28,620円
サイズ 40×29×10
重さ 780g
素材 ナイロン


ポーターとはホテルで荷物運ぶ係の意味しています。 
ポーターは日本のカバンメーカー吉田カバンのブランドです。

ポーターのカバンは品質が高く、大変人気のブランド。

 

数ある商品の中でもTANKER(タンカー)3WAYはヒット商品です。

リュック・肩掛け・手持ちと3通りの使い方ができるのがポイント。

f:id:kobutorisinsi:20170422151453j:plain

ぼくも以前使用していましたが、リュックと手持ちを切り替えて使っていました。

 

ポケットが外側に2つあるので、財布・鍵といったよく使用するものを入れておくとすぐに取り出せるのでとても便利です。

アメリカ空軍のフライトジャケットをモチーフにしており、ミリタリーで渋い雰囲気を醸し出しています。落ち着いた色もあるので、スーツにもバッチリ!

 

 

 

②WONDER BAGGAGE(ワンダーバーゲージ)

f:id:kobutorisinsi:20170422150220j:plain

価格 25,704円
サイズ 46×31×12
重さ 936g
素材 バリスティックナイロン


知る人ぞ知る隠れた人気ブランド! 

このバッグは少しカジュアルっぽい雰囲気ですが、バッチリとビジネススタイルにも合います。

持ち手部分とカバン全体の生地は異なっています。

全体にはバリスターナイロンという、防弾チョッキにも使われるような丈夫な生地を使っており、とってもタフな作りです。

持ち手はヌメ革で、手触りもよく使っているうちに経年変化でいい味が出てきます。

f:id:kobutorisinsi:20170422150318j:plain

革の高級感がいいですねえ!

 

外側にはポケットがついています。

f:id:kobutorisinsi:20170422150524j:plain

財布やスマホなど、すぐに取り出したいものを入れておけば、便利ですね。

 

ぼくはこのブランドのカバンを使っていましたが、かなり使いやすかったです。

少し重たいですが素材がタフなので、どんなに激しく扱っても大丈夫。

汚れてもゴシゴシ水拭きすれば元通り綺麗になります。

また、持ち手のヌメ革部分がいいアクセントになり、ナイロン生地の無骨な感じを打ち消してフォーマルな服装にも合うようにバランスをとっています。  

 

「1万円前後で買える」コスパ抜群のビジネスバッグを2つ紹介!

ここからは、1万円前後で買えるビジネスバッグを紹介します。

安くて、コスパのいいバッグが欲しい!」という人にオススメです。

 

GENIKENA R1(ゲニケナ)

f:id:kobutorisinsi:20170422153006j:plain

価格 6,912円
サイズ 38×29×10
重さ 不明
素材 ナイロン

ゲニケナというブランドのビジネスバッグになります。
価格は6,912円!

上記で紹介したバッグが約3万円だったので、それと比べると、どれぐらい安いか分かりますね。

 

「こんなに安かったら、使い勝手が悪そう、、」と思った人、大丈夫です!

ビジネス用に作られているので、使い勝手は抜群です。

A4のファイルがちょうど収まるサイズで、小分けの収納もついています。

f:id:kobutorisinsi:20170422153728p:plain

手帳やメモ帳などをキレイに収納できるので、便利ですね。

 

他のバッグに比べると見た目は普通ですが、その分価格の安さと使い勝手のよさ」が魅力的です!

「安いビジネスバッグが欲しい」という人は、これがオススメですよ。

 

 

LETDREAM(レットドリーム)

f:id:kobutorisinsi:20170422155005j:plain

価格 10,800円
サイズ 38×28×5.5
重さ 不明
素材 合成革

見た目がオシャレなバッグですね。

素材は合成を使っており、高級感があります。

シンプルなデザインなので、スーツとの相性も良さそうです。

 

外側にはジップ型のポケットが付いています。

f:id:kobutorisinsi:20170422160250j:plain

 

メインの収納には、小物入れるポケットがあります。

f:id:kobutorisinsi:20170422160335j:plain

 

シンプルでありながら、必要な機能を備えているバッグですね。

価格は10,800円ですが、アマゾンのセールで7,980円になっています。

2017年4月22日現在の情報なので、いつ終わるか分かりませんが、気になる人はチェックしてみてください。

 

 

人気のビジネスバッグを2つ紹介!

ここでは、人気のビジネスバッグを紹介しています。

ぼくが営業をしていたときに、よく目にしたバッグです。

「みんなが使っているバッグは嫌だ」という人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

やはり、「多くの人が使っている」ということは、それだけ魅力的なバッグということです。

では、詳しくみていきましょう。

 

Orobianco(オロビアンコ)

f:id:kobutorisinsi:20170422161226p:plain

価格 28,000円
サイズ 41×29×10
重さ 880g
素材

ナイロン/レザー

オロビアンコは、営業マンに人気のバッグです。

ぼくが営業をしていたときも、このバッグを使っている人がよくいました。

 

特徴は「カジュアル寄りのデザイン」をしていることですね。

ビジネスバックは「真っ黒でフォーマル」なデザインが多いですが、このバッグはカジュアル風です。

なので、持っていると「こなれ感」が出て、とてもオシャレに見えます。

 

持ち手など、所々にが使われており、高級感もあります。

ナイロンのカジュアルさと、レザーの高級感がマッチしていますね。

 

細部にもこだわっています。

f:id:kobutorisinsi:20170422161728p:plain

シルバーのブランドロゴや、目を引くようなタグも付いています。

 

付属のベルトを付ければ、ショルダーバックとして使うこともできます。

f:id:kobutorisinsi:20170422161852p:plain

ショルダーとして使っても、カッコイイですね!

デザインにこだわりたい営業マンに、オススメしたいバッグです。

 

 

BRIEFING(ブリーフィング)

f:id:kobutorisinsi:20170422162428j:plain

価格 25,920円
サイズ 43×32×6
重さ 820g
素材 コーデュラナイロン

ブリーフィングは、軍事用のバッグを得意としているブランドです。 

軍でも使用できる「ミルスペック」をクリアしています。

高い耐久性タフさを持ったバッグを作っています。

 

「軍事用のバッグだとビジネスに合わなそう、、」と思った人もいるでしょう。

しかし、ブリーフィングはデザインがシンプルなので、ビジネスバッグとして使っている人も多いです。

 

特に営業マンの間では人気ですね。

なぜなら、外回りでガンガン使っても壊れないからです。

外回り営業で使うビジネスバッグは、予想以上に消耗しています。

「気づいたらボロボロになっていた」という経験ありませんか?

 

そんなとき、ブリーフィングのバックだと、耐久性が高いので長く使用できますね。

ぼくの見た感じだと、30代のビジネスマンが好んで使っていました。

 

外回りでもガンガン使えるような、タフなバッグ」が欲しいという人にオススメですよ!

 

 

まとめ

ビジネスシーンで使うことが考えれば、少し高価でも良いものを持ちたいですね。

良いカバンを持てば、取引先に良い印象を与えることも可能なので、カバンでビジネスを有利に進めましょう。

ビジネスバッグは種類・素材が沢山あります。その中から自分にあったものを選びましょう。