ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

まだ読んでないの?2016年の”Amazonランキング”からオススメマンガを紹介!

f:id:kobutorisinsi:20161204185239j:plain

 

 

どーも!ポジティブロガー小太りです。

 

Amazonから2016年の”年間ランキング”が発表されました。

www.amazon.co.jp

 

音楽・家電・ファッションと

幅広いジャンルのランキングがあります。

今回はその中でも「Kindle本」に注目!!

 

人気ランキングの中から”オススメマンガ”

みなさんに紹介します。

※全てKindleで購入できます!!

 

 

 

①「僕だけがいない街」

あらすじはこんな感じ。

売れない漫画家だった藤沼悟。彼は自分の身にのみ起きる「再上映(リバイバル)」という特殊な現象に巻き込まれた結果、何を“得て”何を“失った”のだろうか…。自分の人生をやり直すことになった彼が、辿り着いた“時間”に待っていたものとは一体何だったのだろうか…?

 

一言で言うと「ミステリー」

主人公は「勝手に過去に遡る能力」を手に入れます。

その力で小学生の頃まで逆戻りして

”ある殺人事件”の真相を解き明かす。

ざっくり言うとこんな内容です。

 

まぁ、、面白いです!!

主人公と殺人犯の攻防に息を飲みます。

マンガでミステリーを読むことなんて

そうそうないですが、最後まで一気に読んでしまった。

頭使いすぎて、読んでて頭痛がしましたww

 

特に印象的なのが「殺人犯の思考」

彼は「人の命を奪う瞬間」に強く惹かれます。

どんだけクレイジーなやつや!!

 

人間は誰しも”生”を強く意識する瞬間がある。

「好きな人と一緒にいる時」

「おいしいご飯を食べている時」

「趣味に没頭している時」

 

しかし、それが「他人の死」であれば、、?

考えてだけでもぞっとしますね。

 

「普通の漫画に飽きた、、」

「心理戦・頭脳戦が見たい!」

という方にオススメします。

 全巻欲しい方はこちらから

 

 ②HUNTER×HUNTER

週刊少年ジャンプで連載している人気漫画です。

読んだことない人も名前は聞いたことあるのでないでしょうか?

 

以下あらすじ。

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!? 

主人公のゴンが”父のジン”を探す「冒険物」ですね。

 

ハンターハンターの特筆すべきは

練上げられた設定とストーリー。

 

裏の裏をかいたり

読者のミスリードを誘ったりと

「一筋縄ではいかない展開」が沢山あります。

 

「え?嘘だろ?」ってタイミングで

重要な人物が死んだりしちゃうww

 

特にオススメなのが「王VSネテロ」バトルシーン。

王というのは”蟻の王様”です。

人間と同じような見た目をした”キメラアント”という蟻。

普通に戦闘能力が高いのですが、

「王」はその中でも圧倒的な強さを誇ります。

あと頭もめっちゃいいww最強かよ。

 

そして、ネテロは”人間界最強のおじいちゃん”です。

最強同士のバトルは面白すぎる!!!

お互いに”強すぎる”為、本気で戦える相手がいなかった。

しかし、最強同士が出会うことで

「全力のバトル」が実現するんですよ!!

ああ、もう!全国民に読んでほしい!笑

 

互いの「技・頭脳」で戦いますが、

最後は「え?マジで?」という結末です。

多分誰も予測できない展開。

王VSネテロ戦が見たい方はこちら↓

 王道の「冒険物」をベースに

レベルの高いストーリーを展開していく

「高次元の少年漫画」です。

③東京喰種トーキョーグール:re

群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種(グール)”。“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。――その名は「クインクス」。「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京”で向き合うものとは――!? 

人肉を食べて生きる”グール”と

それを探し出して排除する捜査官の物語。

 

主人公はある事件をきっかけに

人間からグールへと変化します。

今まで「駆逐の対象」でしかなかったグールが

人と同じように生きていることを知り

「人間とグールはどう違うのか?」と葛藤。

 

オススメポイントは「バトル描写」

躍動感あふれるし、勢いあるし!!

もう!読んでて体動きそうになるんですよ!!

 

今作は「東京喰種」の続編になります。

小太りとしては前作から読み始めて欲しい。

 

主人公が”覚醒する”シーンが最高です。

主人公は「物静かな読書好き」

穏やかでニコニコしています。

 

いつも「なぜ争うのか?」

と苦悩しながら戦っている。

しかし、ある戦いに敗れ、捉えられます。

その時”想像を絶するような拷問”を受け、精神が崩壊。

ストッパーが外れ「敵を殺す」為だけに動く

「殺人マシーン」になるます。

 

意味不明なぐらい強くなるんですよねww

その話が収録されているのがこちら。

 

 

こちらが今作ですね。

④「監獄学園」

あらすじはこちら↓

女子1000人:男子5人!! その学園は男(ヤロウ)共にとって天国か地獄か。誰も見たことがない牢獄高校(ハイスクール)コメディ始業!! 伝統ある全寮制の女子高・私立八光(はちみつ)学園。このお嬢様学校が本年度から男子を入学させることとなった。しかし入ってきた男子はたったの5人。そのうちの一人、清志(キヨシ)は女だらけの環境に胸躍らせていた。その先に驚愕の未来が待っているとは知らずに……

 

 正直「お色気マンガ」です!!笑

男子はみんな大好きでしょう??ねえ!

お色気:ギャグ=9:1の割合w

とにかく「女の子がクソ可愛い」

 

あと”ギリギリの描写”がそそられます。

ゴリゴリのA◯よりも、映画の濡◯場の方が

股間に響くことがありますね?

それを極めたマンガです。

 

詳しく書くとはてなから追放されるので書けませんが

この巻が衝撃的に股間に響きますw

表紙の可愛い女の子がスゴイことになる、、

最初から読みたい方はこちら。

小太りのオススメ”マイナー漫画3選”

ランキングには載っていない

個人的なオススメ漫画を紹介します!

 

かなりマニアックなのと

”胸クソ悪い系”が多いのでご注意を。。

 

①「漂流ネットカフェ」

あらすじはこちら

ふと入ったネットカフェで初恋の人に再会した土岐耕一、29歳。再会を喜ぶふたりだが、ネカフェの外の街が消えてしまった。宿命のふたりの他にネカフェに居た、オタクや暴力男、生意気な小僧やギャルにサラリーマンなど、日常では接点が無い人々を巻き込んで繰り広げられる、突発的空間断絶ラブストーリー!! 

 

 

作者は押見修造さんです。

ヒット作は「悪の華」ですね。

知ってる人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、「悪の華」よりも

「漂流ネットカフェ」をオススメします!

 

この作品では

見ず知らずの人達が”異空間”でサバイバルをします。

 

「極限状態に追い込まれた人間の怖さ」

「”恐怖”で狂っていく人間」

がたくさん描かれています。

正直読んでてしんどくなりますよww

でも、それが面白いんです!!

 

ぼくが一番好きなのが「寺沢」というキャラクター。

寺沢は「暴君」と呼ばれ、暴力で人間を支配します。

まるで「独裁者」のように振る舞う。

最後まで主人公に立ちはだかる”強敵”です。

 

しかし、現実世界の寺沢は、、、、

そのギャップに衝撃を受けました。

 

②ライチ☆光クラブ

 あらずじはこちら

工場の煙に覆われた螢光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。その場所で、ある崇高なる目的のために作られた「機械」が目を覚ました。「機械」の正体とは――!? 80年代、伝説の劇団「東京グランギニョル」の舞台を、鬼才・古屋兎丸がマンガ化した衝撃作。 

 

本当に「衝撃作」ですww

ある学生の団体が

「女の子とロボット」の出現によって壊れていく物語。

バンバン人が死にますw

 

作品の世界観が独特ですね。

読んでで病みそうになりますよ。

絵は綺麗で見やすいけど、内容が、、、

 

個人的にはラストが衝撃的です。

”80年代の舞台”を元にしているのですが

よくこんな”演目”ができたなと驚きます。

ラストは絶対裏切られる!!

 

1巻完結なのでサクッと読めます。

 

③うみべの女の子

 あらすじはこちら

恋というには強かで打算というにはあまりに脆い……浅野いにおが描く、身勝手で切実な十四歳の青春。待望の最新作!海の近くの小さな町に暮らす平凡な中学生・小梅。小梅に思いを寄せる、内向的な同級生・磯辺。思いよりも先に身体を重ねてしまった二人。秘密の時間を過ごせば過ごすほど、心の距離は遠ざかっていく――。 

 

作者は「浅野いにお」です。

「ソラニン」が代表作ですね。

 

内容は「中学生の恋愛モノ」です。

しかし純愛ではなく「先にヤッてしまった系」

互いに「恋人ではない」距離感に苦しみ

突き放したり近づいたりする様子が心に刺さります。

 

ぼくの印象的なキャラは「野球部の鹿島君」です。

鹿島君は主人公の”小梅”のことが好きですが

なかなか思いを伝えれずにモンモンとしている。

そんな中、小梅と磯辺はヤりまくってる訳ですよww

 

中学生らしい「純愛」をしようとしている鹿島君が虚しくなる。

あと「田舎の野球部」のウザさを忠実に再現してます。

「常に野球部でつるんでいる」

「困ったら先輩を出してくる」

「カーストの上からしゃしゃり出てくる」

全てを持っているのは「鹿島君」です。

 

野球部嫌いの人はこの本を読んでスカッとしましょう!!

まとめ

今回は紹介した本は

全てKindleで購入できます。

 

最後にジャンル別でまとめておきますねー!

 

王道バトル系
ミステリー系

 

ギャグ系

 

胸クソ悪い系