ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

【ハヤシはうす最終日】”ハヤシはしる”と”フロに入る”

 

f:id:kobutorisinsi:20161016222629j:plain

どーも!ポジティブロガー小太りです。

 

僕は「ハヤシはうす」

3日間(10/12~10/15)の

ショートステイしていました。

 

www.kobunikki.com

 

今回は「最終日のレポ」をします。

 

 

 

1日モクモクと作業する

f:id:kobutorisinsi:20161016210202j:plain

最終日は「ハヤシはうす」で

モクモクと作業。

 

朝5時まで人狼していたダメージがあり

回復に努めた1日でした。

 

 

www.kobunikki.com

 

ハヤシ君は朝から活動していた。

バケモンかよ。

 

動く日・引きこもって作業する日

自分で選べるのはいいですね。

 

シェアハウスは誰かが家にいるので

引きこもってても寂しくない。

誰かと話しながら作業できます。 

 

 ハヤシ君の彼女とお話ししながら

ブログを書いていました。

 

 

イケハヤさんお手製柚子で「ゆず風呂」に入る

※ここからふざけます。 

 

最後の挨拶

小太り「3日間ありがとう!!」

f:id:kobutorisinsi:20161016212046j:plain

 

ハヤシ君「こちらこそありがとうございます!」

f:id:kobutorisinsi:20161016212129j:plain

 

ハヤシ君「小太りさん、、良いものがあるんですよ」

f:id:kobutorisinsi:20161016212427j:plain

 

ハヤシ君「ドーン!!」

小太り「なにこれ?」

f:id:kobutorisinsi:20161016213920j:plain

 

小太り「ゆず!!」

ハヤシ君「イケハヤさんお手製のゆずです。

     これで”ゆず風呂”しましょう。」

f:id:kobutorisinsi:20161016214109j:plain

 

小太り「イケハヤさんありがとうございます!!」

f:id:kobutorisinsi:20161016214323j:plain

 

イケハヤさん「どういたしまして。」

f:id:kobutorisinsi:20161016214556p:plain

引用元:まだ東京で消耗してるの?

 

小太り「沢山あるうううううう!!!」

f:id:kobutorisinsi:20161016204750g:plain

 

イケハヤさん「ウフフ、沢山ありますよ。」

f:id:kobutorisinsi:20161016214556p:plain

引用元:まだ東京で消耗してるの?

 

着替えタイム

一瞬で着替えます。

f:id:kobutorisinsi:20161016215219j:plain

ハヤシ君がムキムキ過ぎてビビりました。

f:id:kobutorisinsi:20161016215518j:plain

 

イケハヤさんのゆずを投入

f:id:kobutorisinsi:20161016215754j:plain

 

一緒に入浴しました。

ぼくの写りが悪すぎるのは

気にしないでください。

f:id:kobutorisinsi:20161016215913j:plain

f:id:kobutorisinsi:20161016220019j:plain

ゆず風呂はポカポカして

気持ち良かった。

 

イケハヤさん「良かったですね。」

f:id:kobutorisinsi:20161016214556p:plain

引用元:まだ東京で消耗してるの?

 

 

「ハヤシはうす」には「否定」が存在しない

※ここから真面目になります。

 

ゆず風呂に入りながら

3日間で感じたことを

ハヤシ君に伝えました。

 

「ハヤシはうす」は誰でも受け入れてくれる。

どんな人でも絶対”否定 ”をしない。

 

ぼくは現状無職でどうするか迷っていました。

そんな中で「ハヤシはうす」に行きました。

 

前回訪れた際に、下記のようなアホな記事を書くと

ハヤシ君が「小太りさんみたいなバカな人欲しい」

と言ってくれました。

www.kobunikki.com

 

「こんなぼくでも肯定してくれるんだ」

と嬉しくなりましたね。

 

普通なら「1日でも早く働いて社会復帰しろ」

と言われるような状況です。

社会は、レールから外れると

立ち止まることを許してくれません

 

だけどハヤシ君と彼女の二人は

「とりあえず”ハヤシはうす”来てください」

と言ってくれました。

 

「行けばなんとかなるか」と思い

”ハヤシはうす”の住人になることを決めました。

 

”ハヤシはうす”はどんな人でも受け入れる”多様性”を持っています。

 

悩んでいる人はとりあえず行ってみて欲しい。

何か気づきが生まれます。

 

まとめ

f:id:kobutorisinsi:20161016221736j:plain

ほんとに行って良かったです。

アクセスもいいので、オススメ。

 

詳しいまとめ記事はまた後日書きます。 

 

おまけ

 

スマブラ設置したので

みんなでやりましょう。笑

 

 

 

www.kobunikki.com

www.kobunikki.com