ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

【ハヤシはしる】本当に”走れる”のか「50m走」で勝負してみた。

f:id:kobutorisinsi:20161010154957j:plain

 

どーも!ポジティブロガー小太りです。

 

突然ですか、このブログご存知ですか?

www.884hasiru.com

 

運営主の「ハヤシ君」は大学を休学して、

「高知の山奥でシェアハウス運営」など

様々な活動をしているアクティブなブロガー。

f:id:kobutorisinsi:20161009181400j:plain

 

ぼくふと思ったんです。

「おいおい、”ハヤシはしる”ってブログ名だけど実際どれだけ走れるの?

 ぼくより走れなかったら許さないよ」

 

勝負じゃコラー!!

f:id:kobutorisinsi:20161009175425j:plain

※実際に「50m走」で勝負してきました。

 

 

 

「ハヤシはしる」と実際に勝負してみた

レース前から熱いバトルが!

f:id:kobutorisinsi:20161009181044j:plain

小太り「おい!”ハヤシはしる”が本当に走れるのか”50M走”で勝負だ!」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009181636j:plain

ハヤシ君「望むところですよ。無職のド底辺ブロガーに負ける訳ありません。」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009181044j:plain

小太り「う、うるせぇ!!無職は関係ないだろ!!

   (こいつムキムキすぎだろ、、普段何食ってんだよ)」

 

 

f:id:kobutorisinsi:20161009181636j:plain

ハヤシ君「最近彼女と別れたそうですね?そんなメンタルで大丈夫ですか?」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009181044j:plain

小太り「その話は本当にやめてくれ!まだ傷は癒えてないんだ!」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009181636j:plain

ハヤシ君「一人の女性も愛せない男がブログで成功できるんですか?」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009181044j:plain

小太り「おい!これ以上言われると泣くぞ!

   (彼女を愛し、波乱万丈を乗り越えたハヤシに言われると重いぜ)」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009191350j:plain

小太り「勝負はシンプルだ!50m走でどちらが早いか勝負だ!

    (ぼくの乳首透けすぎじゃね?)」

 

レーススタート! 

スタートのピストルを鳴らすのは「大学生ブロガーの久真くん」

www.kyumamorita.com

 

久真君「ヨーーイ」 

f:id:kobutorisinsi:20161009191640j:plain

 

九真君「ドン!!!」

f:id:kobutorisinsi:20161009192528j:plain

 

小太り「オラァァ!!無職なめんな!こちとら体力は有り余ってんだよ!」

f:id:kobutorisinsi:20161009192703j:plain

 

スタートは完全に互角。

小太り「年下の若造には負けねぇぞ!!」

※ぼくが年上です。

f:id:kobutorisinsi:20161009192831j:plain

 

小太り「テメ!イケハヤさんに可愛がってもらって!」

f:id:kobutorisinsi:20161009193518j:plain

 

 

 

 

 

小太り「羨ましいんだよ!」 

f:id:kobutorisinsi:20161009193658j:plain

 

小太り「あれ?追いつけない、、」

f:id:kobutorisinsi:20161009193800j:plain

 

小太り「おい!待てよ!年上敬えよ!」

f:id:kobutorisinsi:20161009194002j:plain

 

小太り「おい!何手を上げようとしてんだよ!」

f:id:kobutorisinsi:20161009194033j:plain

 

小太り「まさか、勝利を確信して”Vサイン”でゴールするつもりか?」

f:id:kobutorisinsi:20161009194124j:plain

 

小太り「テメェ!やりやがったな!」

f:id:kobutorisinsi:20161009195619j:plain

 

小太り「負けたぁぁ!!」

f:id:kobutorisinsi:20161009194613j:plain

 

小太り「でも、走るの楽しい!!」

f:id:kobutorisinsi:20161009194720j:plain

 

小太り「フォー!!(ランナーズハイ)」

f:id:kobutorisinsi:20161009194759j:plain

 

コーヘイさんがgif画像作ってくれました。

めっちゃおもろいww

f:id:kobutorisinsi:20161011163355g:plain

 

 

二人の間に友情が芽生える

f:id:kobutorisinsi:20161009195015j:plain

小太り「負けちまったぜ、、」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009195706j:plain

小太り「”無職・彼女なし・走るのも遅い”

    こんな俺に意味があるのか?」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009195830j:plain

「コツ、コツ(足音)」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009195939j:plain

小太り「ハ、ハヤシ!どうせ俺は負け犬だよ!」

 

f:id:kobutorisinsi:20161009200201j:plain

ハヤシ君「小太りさん ナイスランでした。」

 

小太り「こんな俺でも、認めてくれるのか!?ありがとう」

 

二人の間に友情が芽生る。

二人は熱く語り始めた。

 

ここから真面目なインタビュー記事になります。

 

「ハヤシはしる」のハヤシ君とは?

f:id:kobutorisinsi:20161010140805j:plain

林利生太(はやし りゅうた)
1994年(H6)12月12日 兵庫県生まれ
学生(高知大学4年次 休学中)

引用元;林利生太のプロフィール記事。 : ハヤシはしる

 

 ハヤシ君について詳しく説明しますね。

 

彼は学校教員になるために

兵庫県からはるばる高知の大学(理学部)に進学。

しかし自分の視野の狭さ、世界の広さに

「このまま教師になっていいのか?」

と疑問を持ち、休学します。

 

その後、「インターンボランティアNPO法人の運営」など

様々な活動を開始します。

 とにかく行動力がすごいんだわ。

 

先月は「田舎フリーランス養成講座」に参加。

現在は高知の山奥(嶺北)に

ハヤシはうす」というシェアハウスを作り

住人集めに日々奮闘しています。 

www.884hasiru.com

 

今回は「ハヤシはうす」にお邪魔して

2つの質問をぶつけてきました。 

 

 Q1:その行動力の源は?

f:id:kobutorisinsi:20161010143401j:plain

小太り

「ハヤシはボランティア・NPO法人運営・シェアハウス設立など多くの活動を

 していますが、その”行動力”はどこから来ているんですか?

 

 

ハヤシ君

「そうですね、、休学後のボランティア経験ですね。

 ”教員以外の世界を見よう”と”土佐ひかりCDM”インターンを始めました。

 知らない土地・知り合いもいない環境に飛び込みました。

 結果、自分の働きが多くの人に感謝され、素敵な「縁」ができたんです。」

 

小太り

未知の環境に飛び込み、行動することで、人と繋がったんですね」

 

ハヤシ君

「はい。”田舎ならではの人の繋がり”を経験しました。

 例えば”おすそわけ”もその一つですね。

 近所の人たちが余った野菜・お米をくれる。

 ぼくも土佐ひかりで取れた”ニラ・卵”をお返しする。

 そのお返しでまた野菜・お米をもらう。」

 

小太り

「物々交換が続いていくんですね。」

 

ハヤシ君

「はい、”お金なくても生きていける”と感じました。

 ぼくは”円より縁”と呼んでいます。」

 

 

ハヤシ君 

「 最初はどうなるか分かりませんでしたが

 ”とにかく行動する”ことで繋がりを作りました。

 この成功体験で”まず行動してみる”大切さを痛感しました。」

 

ハヤシ君の行動力の源は動による成功体験」でした。 

とにかく「動いてみて」、繋がりを作った経験があるから

どんどん「行動」をしていけるんですね。   

 

動く理由は”とてもシンプル”

ハヤシ君の行動原理はとてもシンプルです。

 

彼は「柏島(高知の海)」でボランティア経験がある。

市内から車で3時間以上かかる場所です。

 

「どうして柏島でボランティア

 をしようと思ったの?」と聞くと 

 

「海に行きたかったから」

ととてもシンプルな答えが返ってきました。

 

「それだけ!?」と思ってしまいそうですが

ここまで自分の欲求に素直になれるでしょうか?

 

バンド始める人も「音楽で世界を変えたい」ではなく

「モテたいから」という方が多いんじゃないしょうか。

 

自分の声に素直になること。 

ごちゃごちゃ考えずに

シンプルに行動することが大切なんですね。

 

Q2: 「学校教育」への問題提起をされていますが、きっかけはありますか? 

小太り

「ハヤシ君はブログで”学校教育”への問題提起をしています。

 教員志望だったのにそう思うようになったきっかけはありますか?」

 

 ハヤシ君

「はい、休学後の経験で”多様な選択肢がある”と気付いたからです。

 僕は教員を目指して教育学部に進学しました。

 教員採用試験に向けて周りが勉強している中で

 自分だけが”本気”で取り組めなかったんです。

 モチベーションを上げるために”なぜ教員になりたいのか?”

 を繰り返し自問自答しました。

 出た答えが”身近な職業”だったからです。」

 

小太り

「学生が接する最初の職業って”教師”ですもんね。」

 

ハヤシ君

「はい、”それって選択肢が少なすぎないか?”と感じました。

 教師の他に興味があったのは”警察官・消防士”

 この二つは僕が”柔道”をやっていたから接点がありました。

 この世にはたくさん仕事があるのに、身近な職業しか分からない。

 ”自分は視野が狭すぎる”と感じ、休学で視野を広げたんです。」

 

小太り

「農業・漁業と様々な職業に触れてみてどう感じましたか?」

 

ハヤシ君

「今までやったことのない仕事はとても楽しかったです。

 柏島で見た”漁師・ダイバー”はかっこよかった。

 他の仕事に触れることで自分の選択肢が一気に増えたんです。

 ボランティアの一環で、”学校に行くこと”がありました。

 ボランティアですが、生徒から見れば僕は”先生”です。

 ”教員じゃなくても、教育に携われる”と痛感しました。」

 

小太り

「教員にこだわっていた価値観からの抜け出したんですね。」

 

ハヤシ君

「はい、多様な選択肢があることを知りました。

 そして他の人にもこの事実を知ってほしいと考えています。

 だから”既存の教育以外もある”ことをブログで発信している。」

 

まとめ

f:id:kobutorisinsi:20160926211505j:plain

ハヤシくんはとてもシンプルです。

とにかく行動する、その中で気付いたことをブログで発信している。

 

「うだうだする暇あるなら、動け」

ってことですね。

 

実際会って感じましたが

何でも受け入れてくれそうな懐の深さ

を持っています。

モテるだろうなー!コンチクショー!

 

「ハヤシはしる」の中で好きな記事があります。

それは「彼女シリーズ」

波乱万丈で読み応えがあるのでオススメですよ。

www.884hasiru.com

 

 ちなみに彼女さんは「ポーチのハンドメイド」を行っています。

mamenoco.net