ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

【トイストーリー】「おもちゃに夢中だった子供の頃」に戻れる魔法の映画。

 

f:id:kobutorisinsi:20160817221940j:plain

どーも!ポジティブロガー小太りです。

 

皆さんは

「トイストーリー」見たことありますか?

「おもちゃに夢中だった頃」に戻れる魔法の映画です。

  

今回は大好きな「トイストーリー」について語ります。

 

 

 

トイ・ストーリーとは

ディズニー配給のアニメーション映画。1995年に公開。劇場公開された長編映画作品としては、初のフルCGアニメーション作品。全世界で約3億6200万ドルの興行収入を上げた。これは、当該年度の第1位である。

制作はピクサー・アニメーション・スタジオ。

監督ジョン・ラセターはアカデミー特別業績賞を受賞した。

1999年には、続編『トイ・ストーリー2』が公開された。

2010年にシリーズ第三作『トイ・ストーリー3』が公開された。 

引用元:トイ・ストーリー - Wikipedia

世界初のフルCG長編映画です。

歴史的な作品なわけですよ。

現在はシリーズ3部作まで公開されています。

 

簡単に言うと「おもちゃの話」です。

「カウボーイの人形のウッディ」と

「スペースレンジャー(宇宙警察と思ってください)

 のバズ・ライトイヤー」

のバディアニメーション。

二人の持ち主は「アンディ」という男の子。

 

物語は、アンディの誕生日パーティから始まります。

ウッディを始めとするアンディのおもちゃ達は

「誕生日プレゼントでどんなおもちゃが来るのか」

をビクビクしながら待っています。

凄いおもちゃが来たら自分たちが遊んでもらえなくなるから。

そこに来たのは高性能の「バス・ライトイヤー」

ウッディは自分より新しく高性能なバスを認めようとしません。

二人はぶつかり合います。

その後ウッディとバズは大事件に巻き込まれる。

二人は無事に生還できるのか?

 

といったストーリーです。

詳細はウィキペディアでもみてください。

 

さぁ、「トイ・ストーリー」の魅力を語ります。 

 

①誰でも物語に入り込める

トイ・ストーリーの軸は「おもちゃ」です。

子供がおもちゃで遊んでいるシーンが沢山あります。

見ている内に「おもちゃで遊んだ子供の頃の記憶」が蘇ってくる。

 

「あのおもちゃで遊んだなぁ」

「同じようなおもちゃ持ってたな」と

登場人物に自己投影して

いつの間にか物語に入りこんでいます。

 

子供は勿論ですが

大人もどっぷり物語に浸かれる。

 

見終わることには

ノスタルジーに溺れていることでしょう。

 

②シリーズを追うごとに面白くなる

トイ・ストーリーは現在三作目まで公開されています。

回を重ねるごとにドンドン面白くなります。

 

シリーズものって、どれか駄作になりがち。

でもトイ・ストーリーは全部面白い。

しかも1<2<3と面白くなる。

 

アンディはシリーズを追うごとに大きくなります。

「1」では7歳、「2」で11歳、「3」で大学生。

 

「アンディとおもちゃの関係性」の変化が描かれます。

7歳の頃は四六時中おもちゃで遊んでいました。

しかし大学生になるとおもちゃを触ることすらない。

 

「一人暮らしの家におもちゃを持っていくか」

悩むシーンはリアルすぎる。

 

「アンディとおもちゃの関係性」が変化するので

シリーズを追うごとにストーリーもかなり変わります。

 

「1」は、バズとウッディの友情。

「2」は、バズ達の大冒険。

「3」は、おもちゃの存在意義。

 

面白さの質も作品によって違う。

大人にオススメするのは「3」です。

涙なしでは見れませんよ(T . T)

 

できれば順に見てください。

 

③おもちゃを「遊びのプロ」として描いている

おもちゃの価値は「遊んでもらうこと」です。

 

おもちゃ達は

「どうやったら楽しんで遊んでもらえるか」

を真剣に考えます。その姿はプロです。

 

「3」ではアンディが大学生になっています。

おもちゃで遊ぶこともない。

 

「もう一度遊んでもらえるように」

おもちゃ達は必死に作戦を立てます。

 

自分たちの存在意義を常に問い続ける。

「遊んでもらえない=価値のない状況」を

打破するべく全力を注ぎます。

 

これは人間にも必要なことですよね。

 

④脇役が個性的

トイ・ストーリーには沢山のおもちゃが出てきます。

アンディのおもちゃだけで34個。

ちなみにトトロ出てきますよ。笑

 

それぞれの個性が際立っています。

「臆病な恐竜のおもちゃ」

「クールな参謀役のブタの貯金箱」

 

おもちゃ達がのそれぞれ得意分野を組み合わせて

大きな目標を達成するシーンは感動します。

 

ぼくの一番好きなおもちゃは

「ポテトヘッド」

※手に持っているおもちゃです。

f:id:kobutorisinsi:20160817214406j:plain

ユーモアがあって、ダンディなんですよ。

「渋いくて面白いおっさん」みたいな感じ。

 

普段は冗談ばっかり言うのに

ここぞという時に活躍します。

大好きです。

ポテトヘッドみたいな人になりたい。

 

トイ・ストーリーを見た後にして欲しいこと

  1. ディズニシーのトイストーリーマニアに乗って発狂する
  2. グッズを買いあさる
  3. ぼくに連絡をする

 

このブログを読んだら、

もうトイ・ストーリーを見たくてたまらなくなっているでしょう。

すぐ見てください。何事も「すぐ行動」ですよ。 

 

そして、見終わった頃には

すっかり虜になっているでしょう。

 

「この情熱をどうすればいいの!?」と焦ってはダメです。

上記のリストに沿って行動して下さい。

 

まずはディズニーシーに行って

トイストーリーマニア(以下トイマニ)に乗りましょう。

 トイマニはアンディの部屋を完全再現しています。

マジで発狂しますよ。

www.tokyodisneyresort.jp

 

ぼくは「作中と同じ棚」を見つけ

「棚や!!!」と大声をあげました。

周囲にドン引きされたのは言うまでもありません。

 

お金に余裕のある方はグッズも買いましょう。

自宅をトイ・ストーリーで染め上げましょう。

あなたがアンディになるんだ!!

 

 その後は

ぼくに連絡下さい。

 トイ・ストーリーへの愛を受け止めます。

夜が明けるまで話しましょう。

 

まとめ

正直にいうと、 この記事は

「トイ・ストーリー好き」の人と繋がることが狙いです。

 

トイ・ストーリー好きを集めてイベントしたい。笑