ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

24年間喘息(ぜんそく)で苦しんでいるぼくが「喘息の辛さ」を教える

f:id:kobutorisinsi:20160713185507p:plain

 

どーも!小太りです。

みなさん「喘息(ぜんそく)」って知ってますか?

 

ぼくは24年間喘息を患っています。

今回は「喘息の辛さ」について語りますよ!!

 

 

 

喘息とは

 気管支の内側が狭くなり、肺への空気の出入りが悪くなる病気です。ぜんそくの発作では、ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)をともなう呼吸困難が起こります。

※コトバンク引用

 

ぼくは1歳の時に小児喘息になりました。

そこからずっと喘息です。喘息なう。

今でもたまに発作出ます。

喘息のベテランです。笑

 

 ひどい発作時は「死」がよぎる

 呼吸ができなくなる。

喉をずっと締め付けられる感じ」です。

ほんとに手でギューとやられてる感じ。。

通常時の呼吸が100%だとしたら、発作時の呼吸は60%ぐらい。

 

 咳が止まらないんです。

喘息の発作は咳が出ます。

咳が咳を誘発して、無限ループに入ります。

めちゃめちゃ苦しい。マジで夜寝れなくなる。

 

呼吸ができなくなり、咳が止まらなくなる。

軽い呼吸困難に陥ります。

酸欠気味になり、徐々に力が抜けていく。

「あ、、ヤバイ、このまま呼吸ができなかったら死ぬかも」

 と「死」が頭をよぎります。

物凄い恐怖。。。

 

 

常に予防薬を飲み続けないければならいない

喘息の薬は「予防薬+発作を抑える(応急処置的)」の2種類。

発作を一時的に抑えることは簡単です。

応急処置的薬を飲めばいい。

 

しかし理想は「発作を起こさないようにコントロールし続けること」

喘息の一番の予防は「発作を起こさないこと」です。

 

どんなに状態が良くなっても一度発作を起こすと、確変状態に入ります。

発作は発作を誘発する。発作無限地獄です。

だから発作を起こしてはダメなんです。

 

人間は喉元過ぎれば熱さを忘れてしまう。

辛い時は必死に薬を飲みますが、一度治ると

途端に薬を飲むのが面倒になります。

 

①発作が起きる

  ⇩

②辛いから薬を必死に飲む

  ⇩

③発作が治まる

  ⇩

④毎日予防薬を飲まなくなる⇨①に戻る

 

僕は良くこのループに入ります。マジでイザナギ。

 

いかなる時でも予防薬を飲み続ける。

飲み会で酔いつぶれて帰っても、

恋人と素敵な夜を過ごしてても関係ない。

「発作を起こさないよう予防薬を飲む」

この意識を絶えず保ち続ける。大変なことです。 

 

いつ爆発するかわからない爆弾を持ち続けている

喘息の発作原因はたくさんあります。

タバコ・ダニ・犬猫・過労・季節の変わり目など様々。

「素敵なカフェに行ったら猫を飼っていた」というケースもあります。

予期せず、発作を誘発する物に出会います。

発作原因を減らすことはできても、ゼロにはできない。

いつ「喘息という爆弾が爆発して発作が起きるか」分からない。

ほんとにうっとしいし、恐怖。

喘息持ちは常にこの不安と戦っています。