ポジティブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぶろぐ

高知県在住25歳のポジティブ野郎のブログ。

小太りのプロフィール〜小太りになったのは小学2年生から〜

f:id:kobutorisinsi:20160618171748j:plain

どーも!みなさんいかがお過ごしですか。

高知は気温30度超えて、めちゃめちゃ暑いです。。

 

小太り日記と称してブログを書いておりますが、

「そもそもお前誰やねん!?小太りどころかデブやん!!

って方がいらっしゃると思います。

そんな方待望の!プロフィール記事書きます!!

イェーイ!!ポウポウ!!僕はパリピではございません。

f:id:kobutorisinsi:20160618172534j:plain

 

 小学校時代

地元の小学校に通います。クラスの中で全く目立ってないポジションでした。

持病の喘息がひどく、体育は見学が多かったです。

小学2年生の時に、「食欲の秋」という言葉を知り給食を食べまくります。

しかも、秋を過ぎて冬になっても僕の食欲は収まりませんでした。

あっという間に小太りの完成です。笑

 

またアウトドアな父に連れられて自然の中で遊びまくりました。

山、川、海と色んなところに行ったな。川が一番好きです、水が綺麗だから。

ここで「大らかなで細かいことは気にしない大雑把な性格」が形成されました。

 

高学年になると塾に通いだし、「塾仲間」という新たなコミュニティができました。

少人数のクラスだったので「ここだったら自分を出してもいいのか?」と

ちょっとずつ自己主張ができるようになりました。

内気な僕は塾に行って徐々に変わっていったのです。

 

余談ですが、僕は小学校5年の時に近所に「イオン」で出来て、遊びの幅が革命的に広がりました。週4でイオンに通ってゲーセンでメダルを稼ぎまくってました。笑

f:id:kobutorisinsi:20160618174505j:plain

スターホース(競馬のメダルゲール)で自分の馬を育成して、レースに勝った時は感無量でした。今でも覚えています。笑

 

中学校時代

中学校受験をして、大学の附属中学校に入学しました。

そして部活動を始めます、、、この部活動が中学校生活のほとんどを占めるとは、、

僕は漫画の「テニスの王子様」が好きだったので、ソフトテニス部に入ります。

f:id:kobutorisinsi:20160618175731j:plain

安直すぎる自分に嫌気がする。僕の学校の中ではかなり厳しい部類の部活動でした。

先輩に敬語と使うこともここで教わりました。遅すぎるだろ。笑

とにかく練習、練習の日々。最初はコートにも入れず、外でひたすら素振りと簡単なボール遊びを繰り返しました。「なんだこれ!?早くツイストサーブ打たせてよ!」と思っていたのですが、素振りとボール遊びですら面白くなり、どんどんのめり込んで行きます。コートで練習できるようになり、ポジションも決まり(ソフトテニスは基本ダブルスなので前衛or後衛)、顧問の先生にも直接指導を頂くようになります。

ここでまた問題が、、、とにかく先生に怒られる!!

顧問の先生がめちゃめちゃ怖い方で、なぜか僕は怒られまくってましたww

今だったら「キツくて怒られる部活なんか辞めて楽しい中学生活送ろう!」と考えます。でもその時はテニスは楽しかったので続けました。そしたら徐々に勝てるようになり、練習自体も楽しくて(勿論体力的にはキツかったけどね)、あっという間に3年間が過ぎました。

みんな「練習きつい、休みが欲しい」とか言ってるくせに、貴重な休みも「よし!コート借りてみんなで練習しようぜ!」とかってテニスばっかりしてましたww 

「テニス自体が好きであること・好きなやつが集まっている環境」

だったからこそ、ここまで続けて試合でも結果を残すことが出来ました。

 

 高校時代

テニス漬けの中学校生活を終えて、「なんちゃって進学校」に入学します。

とにかくみんな真面目で勉強熱心でした。

僕は中学生のノリでウェイウェイ言ってたので相当浮いてました。笑

「休み時間は自習の時間」という価値観で、みんな英単語のを覚えたりしてたんですが

「休み時間は休もう」と必死に抗っていました。それで先生に怒られていました。笑

 

スクールカーストの選定基準に「勉強できるかどうか」が入ってるのはびっくりしました。勿論僕は最下層でした。笑

授業中に先生に当てられて回答する時は「絶対に不正解を言ってはいけない」みたいな

不思議な空気がありました。全体的にちょっと息苦しかったかな。

僕の学校は「国公立信仰」があり、私立大学への進学や浪人することはイケないことだと洗脳されていました。この時疑問を持ち、自分で思考することができれば、進路の決定も変わっていたかもしれません。

 

部活もそこまで熱心ではなく、全然上達しなかった。

f:id:kobutorisinsi:20160618183116j:plain

あと、初めて彼女が出来て浮かれまくってました。笑

「今までの景色がモノクロだとしたら、彼女が出来てからはカラフルだ」とか真顔で言ってました。キツイキツイ。黙って欲しい。

 

 大学時代

地元の大学に進学します。

授業にもろくに出席せずに、飲み会・カラオケ・サークル・バイトと時間を使ってました。今自分の身になっていることが殆ど無いです。笑

 

人生で初めてバイトをし、「労働力を提供して賃金をもらう」ことを経験します。

ホテルの宴会接客、服飾雑貨の小売店のショップスタッフ、短期アルバイトと色んな職を転々としました。率直な感想は「お金もらうの大変だな、、」でした。

どのバイトも1〜2年で辞めています。その時は「学業が大変で」とそれっぽい理由で辞めたのですが、今思えば、特に理由はなかったです。笑

働くこと自体向いてないのかな?笑

 

f:id:kobutorisinsi:20160618185711j:plain

僕は「ライブ」と出会います。

大学2年の時に「サンボマスターが地元に来る!面白そうだから行ってみよう」と初めてライブハウスに行き、「ライブ楽しいじゃねーかよ!!」と衝撃を受けます。

音楽に興味を持ち出し、友達に誘ってもらってロック系のDJイベントに参加すると

「音楽ってただ聞くだけじゃなくて、声をあげたり、拳を突き上げたり、踊ったりするんだ。しかも自分の知らない音楽がたくさんあるし、どれもカッコイイ!」

とのめり込んで行きます。同世代で音楽好きのグループがあり、そこに入り色んなライブに足を運びました。

「音楽自体が好きになり、音楽好きが周囲にたくさんいる環境」によって、

僕の中でライブに行くことが楽しくてたまらなくなってきます。

中学校の時にテニスにハマった構図と全く同じです。

 

大学3年の冬になると人並みに就活を始めて

「テレビが好きだからテレビ局だな」と片っ端からテレビ局を受けました。

なんとか内定を頂き、就活を終えました。

卒論もチャッチャと書き、卒業。

 社会人(2014年4月〜2016年5月)

2014年4月に地元の企業に入社し、地元営業部に配属されます。

一切の功績を残さず、翌2015年(社歴2年目)から東京支社に異動、

1年2か月東京支社で働き、一切の功績を残さずに2016年5月に退職しました。

詳細は下記の記事をご参照下さい。

 

dededede11.hatenablog.com

 

 現在

 

実家に帰り、絶賛ニート中です。

社会人になって感じていたストレスから解放されて、日々のびのびと生活を送っています。ブログで僕が感じた事・考えたことを発信し続けていくつもりなので、皆さん読んで下さいませ。アクセス数が増えると明日を生きる活力になります。笑